低用量ピルは副作用が少なく避妊以外にも女性に対して様々なメリットをもたらせてくれます。

サイトマップ

避妊薬まとめ情報サイト TOP > 低用量ピル

低用量ピル

低用量ピル

低用量ピルは一般的にOCと呼ばれており、経口避妊薬の種類になります。低用量ピルはその名の通り含まれている女性ホルモンの量が低用量となっており、そのおかげで副作用などが少なくなっているのです。以前までは中容量タイプが主流でしたが、副作用の強さなどから今では低用量タイプが一般的にOC・経口避妊薬とされています。中容量は今では治療用として扱われており、低用量はに避妊用として扱われています。
日本人はあまりピルに対してなぜか良いイメージを持ってはおらず、ピルを服用している=SEXが好きと言った偏見を持った方がまだ実際にいるためにあまり普及はしていないのです。しかし低用量ピルは服用を守ることで確実に妊娠を防ぐことができるので、望まない妊娠などを減らしていくことが可能となります。

避妊効果以外のメリット

避妊効果以外のメリット

低用量ピルは避妊薬ですが実はその他にも女性に嬉しいメリットが沢山あるのはご存知でしょうか?

1、生理痛の軽減

生理が始まってから閉経を迎えるまで月に一回の苦しみが何と言っても生理です。この生理の前後女性は毎回つらい思いをするのです。ひどい人は生理痛で救急車で運ばれたなんて人もいますし、生理痛で仕事に行くのもつらいけど休み辛いなんて人中にはいらっしゃいます。ホルモンを整えてくれる働きをもっているため思い生理痛にもさよならすることができるのです。さらに生理周期も正常となるため旅行やお出かけなどの予定も立てやすくなるのです。

2、PMSの軽減

PMSとは月経前症候群という生理前になるとホルモンの変動によって心身ともに調子が悪くなってしまう症状です。多くの女性がこの症状を経験しており、毎回生理前になると鬱っぽくなってしまうという人もいます。PMSのせいで生活に使用をきたすこともあるので、多くの人が困っているのです。低用量ピルは排卵前後に起こるホルモンの変動が少なくなるためPMSを軽減させることができるのです。

3、ニキビの改善

ホルモンのバランスを整えることによってニキビを改善させることができます。

4、女性特有の重大な疾患予防

女性特有の疾患の多くは女性ホルモンの量などによっておきますが低用量ピルで予防することや、発生を抑えることもできるのです。