日本は意外にも中絶が多く、中絶を防ぐためにはやはり避妊薬の普及が必要となってきます。

サイトマップ

避妊薬まとめ情報サイト TOP > 希望しない妊娠について

希望しない妊娠について

妊娠を希望していない女性が妊娠をしてしまった、このようなときにとる方法は2つしかありません。そのまま出産するか、中絶するかです。妊娠を全く希望していなかったのにそのまま出産した場合若い経済能力のない夫婦だとどうでしょう?もちろん幸せに過ごす夫婦もいますが、その多くが離婚や借金何かしらトラブルへと発展してしまっているのが現状なのです。

日本は実は中絶大国で、その多くの理由が避妊に関する知識が乏しいこ事と性教育に関する知識が伴っていない事となります。避妊方法として多くの日本人がコンドームを着用しますが、コンドームを付ければ100%避妊するわけではないのはごぞんじですか?コンドームの避妊確立は実は75%程度で残りの15%はコンドームを着けていたにもかかわらず妊娠してしまっているのです。

着用したとしても、射精時のみに着用したり、ゴムが途中で抜けてしまったり、ゴムが破れてしまったりなど失敗理由はたくさんあります。コンドームはもちろん避妊効果だけでなく性病予防にもなるので妊娠を希望していなければ必須アイテムなのですが、妊娠をしたことによって起こる問題を避けるためにも避妊薬の服用は重要となっているのです。

海外の避妊事情

中立国で有名なスイスですが実は世界で最も中絶する人が少ない国の一つとなっているのです。中絶が少ない=望んでいない妊娠が少ないという意味合いにも取れます。スイスでアフターピルは現在医師の診断や処方がなくても購入することができるのです。実はこのような国が多く、避妊薬が自由に購入できることはかなりの重要な避妊対策となっているのです。日本ではアフターピルなどはすべて処方箋薬となっておりさらに保険適用外で高額となっています。手軽に購入する事が困難なため中絶人口も世界でも多いものとなってしまっているのです。

中絶はまだ生まれてきてもいない子を殺す作業なのです。このような事は決して道徳的ではなく、このような事が起きないようにもっと日本では努力するべきなのです。妊娠を希望しない女性にとって避妊薬は必須アイテムであり、もっと一般的に知れ渡る必要があることは間違いないです。