マーベロンは低用量ピルで21錠タイプとブラセボ(偽薬)を含んだ28錠タイプがあります。

サイトマップ

避妊薬まとめ情報サイト TOP > マーベロン

マーベロン

マーベロン

マーベロンはMSD株式会社(メルク&カンパニー)が製造販売している低用量ピルです。実は元々はオランダの製薬会ORGANON社(オルガノン社)が開発していたのですが、今ではMSD株式会社が販売元となっています。タイなどを中心にアジアをメインとして販売されています。(欧米やアジアでは体格などが違うため)有効成分は卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール0.3mg)と黄体ホルモン(デソゲストレル0.15mg)で従来の中用量と比べてホルモン量が少なくなっています。

低用量ピルは一般的に避妊用として扱われており、この量の成分でも十分避妊することができます。マーベロンにはマーベロン21とマーベロン28の2種類があり、飲み忘れ防止のためのブラセボ(偽薬)の有無によって異なります。毎日決められた通りに服用することで100%近い確率で妊娠を防ぐことができます。避妊以外にも女性にはうれしいメリットが多く、生理周期を整えてくれる、ニキビを防いでくれる、生理痛やPMSの軽減、女性特有の疾患予防など様々な改善が見られます。

服用方法

服用方法

マーベロン21の場合

生理初日から服用を始めます。これによって初日から避妊効果が表れます。そしてそのまま21日服用を続けて下さい。もし生理初日に服用ができなかった場合は翌日などから始め、最初の1週間は避妊効果がないものだと思い、SEXを控えるか他の避妊方法をとりましょう。そして服用をはじめて22日目か休薬期間として7日間過ごしてください。そして7日間たったらまた新しく21日間服用を続けます。生理がちょうど来なくても服用を始めてください。

マーベロン28の場合

同じく生理初日から服用を始めます。これによって初日から避妊効果が表れます。そしてそのまま28日間服用を続けましょう。マーベロン21と違うところは7錠分ブラセボ(偽薬)が含まれていることです。このブラセボによって飲み忘れを防止することができるのです。他はすべてマーベロン21と同じとなっています。

共通して言えることは飲み忘れてしまうと避妊効果を得られなくなってしまうので決して飲み忘れない事と、もし忘れた場合は服用を中止し他の避妊方法をとって生理が来たらまた1からスタートさせてください。

副作用

副作用

マーベロンは比較的副作用が少ないですが、まれに吐き気や頭痛などを感じる事があります。重い副作用として血栓症があります、足のむくみや息切れ、目が見えにくくなるなどを感じたら医師に相談しましょう。

購入方法

日本では病院にて医師に処方してもらうか、インターネットなどで海外から個人輸入などの方法があります。病院へ通うことが難しい人はインターネットなどで海外通販が便利です。海外から手元に届くまで10日はかかるので余裕を持って購入しましょう。