避妊薬は国内では病院処方ですが海外から個人輸入代行サイトで手軽に購入することもできます。

サイトマップ

避妊薬まとめ情報サイト TOP > 避妊薬の購入方法

避妊薬の購入方法

避妊薬の購入方法

避妊や生理の問題などで避妊薬を購入したいけど、いまいち購入方法がわからない、そんな人のために避妊薬アフターピル低用量ピル)の購入方法をご説明いたします。

病院(産婦人科)での処方

病院(産婦人科)での処方

基本的な購入方法として病院(産婦人科)で処方してもらいます。アフターピルや低用量ピルは日本国内では処方箋薬として必ず医師の診断が必要なのですが、実は保険が適用されずすべて自己負担となってしまうのです。特にアフターピルは1錠の単価が約1万円程で高く設定しているところであれば2万円ほどかかってしまいます。産婦人科に行くことに抵抗がある人もいますし、費用面でもなかなか手を出しにくいと考えてる人もいるのです。

海外通販サイトでの購入

海外通販サイトでの購入

そこで費用面での問題や産婦人科へ行くのに対して抵抗がある人の問題点をすべてクリアできる購入方法が実はあるのです。その方法とは海外通販サイトを使うことです。ネットやスマホ、電話などで家に居ながら避妊薬を注文することができるのです。海外の一般的に販売されている医薬品であれば個人輸入という形で日本の通販と同じように購入することができます。もちろん医薬品ですので直接医師に診断してもらうのが一番な方法ですが、誰にも知られず安く購入することができれば中絶に悩む女性はもっと減るのではないでしょうか?
避妊薬は欧米などでは一般的に活用されているのですが、日本ではあまり多く処方されていないようです。元気なのに病院へ行くという事に違和感を感じている人や、忙しくて病院へ通うことができない、お金の面で心配など様々な理由があります。海外通販で多くの人が避妊薬を購入しており、いまや妊娠を希望しない女性にとって効率的な購入方法となっているのです。

正しい知識を持って購入しよう

正しい知識を持って購入しよう

もちろんアフターピルや低用量ピルは体に摂取するものですし、ホルモンに対して大きな影響を与えます。種類によって服用方法や、避妊効果、副作用など異なってきますので必ず使用法や注意事項を確認して服用してください。避妊薬は使用方法を守ることで効果を発揮することができる薬ですので、正しい服用方法をとりましょう。持病や体質などで心配な場合はかかりつけ医などに相談してください。