アイピルはアフターピルのノルレボのジェネリック医薬品でネットなどで購入することができます。

サイトマップ
サイトマップ

避妊薬まとめ情報サイト TOP > アイピル

アイピル

アイピル

アイピルはアフターピルと呼ばれている避妊薬でSEXの後に服用する事からモーニングアフターピルとも呼ばれています。インドの製薬会社シプラ社が製造販売しているのですが、日本のあすか製薬が開発販売しているノルレボのジェネリック医薬品になります。有効成分はレボノルゲストレル1.5mgで摂取することによって排卵の周期を遅らせ、子宮内膜をはがし精子を受精させなくさせます。それにより通常だと妊娠していた可能性があるものも、それを阻止することができるのです。

アイピルは時間がとても重要で、避妊に失敗した後早ければ早いほど避妊の確率は上がっていきます。72時間以内で75%の確率、24時間以内だと95%の確率で妊娠を防ぐことが可能で、72時間を過ぎてしまうとその効果は得ることができなくなります。

飲み方

飲み方

避妊に失敗した後72時間以内に水またはぬるま湯で1錠服用してください。早ければ早いほうが効果を高く得られるのでなるべく早めに服用しましょう。避妊に失敗したら毎回飲めばいいわけでなく体への負担も大きいため、妊娠を希望してないのであれば低用量ピルの使用をお勧めいたします。

副作用

副作用

女性の体内にはあり得ない量のホルモンを摂取するので副作用は比較的多くなっています。多いのが胃の不快感や、吐き気、頭痛、胸部の違和感などです。ホルモンバランスが乱れたことによっておきますのでそこまで心配する必要はありません。しかしこれらの症状が続いたりひどい場合は医師などに相談しましょう。薬を嘔吐で排出してしまうと効果を得られませんのでなるべく空腹時は避け食後などが推奨されます。

あくまでも緊急時用

あくまでも緊急時用

アイピルは緊急避妊薬と呼ばれておりあくまでも緊急時用の避妊薬です。1錠あたりの単価も高く、さらに女性の体へ大きな負担をかけてしまいます。どうしても妊娠したくない時や、思いもよらない緊急時などに使用する避妊薬ですので、毎回飲めばいいかななどとは決して思わないでください。

購入方法

病院でも処方によって購入できますが、インターネットで海外通販で購入する事も出来ます。誰にも知られたくない場合や費用面で悩んでいる時は海外通販がお勧めです。※海外通販は注文から手元に届くまで時間がかかるので、先に注文してお守り代わりなどで持っておくことがお勧めです。