ジェネリック医薬品は新薬に比べると非常に安価に購入できますが同等の効果や効能があります。

サイトマップ

避妊薬まとめ情報サイト TOP > ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品

避妊薬を購入するに当たりネックとなる部分の多くはその値段ではないでしょうか?避妊薬を男性が買ってくれる、そのような話はあまり聞いたことがないですよね。女性の体を守るのはもちろん女性自身でしかないのです。よく考えるとなんだか理不尽な感じはしますが、それは置いておきましょう。その値段の部分を解決する方法がジェネリック医薬品を選択する事です。

医薬品には一般医薬品(ドラッグストアなどで購入できるお薬)と、医療用の医薬品(病院などで処方によって購入できるお薬)があります。そしてその医療用の医薬品には新薬(1から開発され販売された医薬品)とジェネリック医薬品があります。ジェネリック医薬品は、新薬を基に同じ有効成分で他の製薬会社が新たに開発し販売しているものなのです。

ジェネリック医薬品はなぜ安いのか?

ジェネリック医薬品はなぜ安いのか?

新薬を開発するには10年から20年もの月日と300億円以上という莫大なコストがかかります。しかしジェネリック医薬品は元から有効とされている成分を元に開発している為、開発期間が約3年、開発コストが約1億円と新薬に比べて時間も費用も比べ物にならないくらい安いのです。したがって販売価格も安くすることができるのです。もちろん低価格でも同じ有効成分を使用していることから新薬と同等の効果がもちろん得られるのです。

ジェネリック医薬品を選べる時代

ジェネリック医薬品を選べる時代

今では日本国内のでもジェネリック医薬品は普及しており、超高齢化社会の莫大な医療費を削減するためにもむしろ推奨されているぐらいなのです。価格がやすいと医薬品に限りなんだか効果がないのではないか?と不安に思う人もいますが、今やジェネリックを選択することは当たり前の時代となっているのです。

避妊薬にもジェネリック医薬品

避妊薬にもジェネリック医薬品

アフターピル低用量ピルは医療用医薬品ですが保険が適用されません。診察代などもすべて自己負担となってしまうため若い世代にとって中々手を出しにくいのが現状なのです。海外通販などでジェネリック医薬品を選択することで、誰にも知られず手軽に購入することができるのです。