避妊薬のアフターピルと低用量ピルの詳細と種類、さらには購入方法などをご紹介。

サイトマップ

避妊薬とその種類について

避妊薬とその種類について

妊娠を希望しなければ、異性とのSEXで必ず行うのが避妊です。日本では一般的に避妊方法=コンドームという見解を持ってるのではないでしょうか?もちろんコンドームも避妊には必需品でさらに性感染症予防などにも最適なものとなります。しかしコンドームを着用していても妊娠してしまうことが実はあるのです。コンドームメーカーによるとコンドームの避妊率は80%程度で10人に1人はコンドームを着用していても妊娠してしまう確率になります。そこで、確実に妊娠しない方法としてあげられるのが避妊薬です。避妊薬は一般的にピルと呼ばれており、ピルの中でも種類が沢山あります。

アフターピル 低用量ピル 中用量ピル 高用量ピル これらはピルの中に含まれているホルモンの成分や量によって異なるのです。日本ではピルは全体的にあまりいいイメージは持たれていません、これは性教育の段階での間違いであり先進国において恥ずかしい事なのです。海外ではピルの使用は一般的な事であり自分の体を守るには自分だという事をしっかり認識しています。アフターピルが日本で承認されたのは2011年の2月で実はごく最近のことで、保険適用外となっているので中々手を出しにくいのが今の日本の現状です。

避妊薬の種類を詳しく

アフターピル

アフターピル

アフターピルとは妊娠を望まない人が避妊に失敗した場合服用する緊急避妊薬になります。別名モーニングアフターピルとも呼ばれており、SEX後の翌朝に服用する事からそのような通り名も持っています。正確には避妊に失敗してから72時間以内に服用することで妊娠を予防することができます。この妊娠の予防確率ですが時間が早ければ早いほどあがり、24時間以内に服用できれば95%の確率で妊娠を防げます。逆に時間がたてばたつほどその確率は下がってしまい、72時間以上たってしまうと効果が得られなくなってしまいます。

アフターピルはあくまでも緊急避妊薬ですので、SEX後毎回服用するものではありません。急激に女性の体内のホルモンバランスを乱し受精させないようにするので体への負担も大きくなってしまうのです。様々な理由がありますが、あくまでも緊急時用という事を覚えておきましょう。

アイピル

アイピル

アフターピルでも有名なのがアイピルです。日本のあすか製薬によって開発販売されたノルレボのジェネリック医薬品になります。日本でアフターピルが承認されたのは実はごく最近のことでノルレボはその第一号になります。アイピルはインドのシプラ社が販売しているのですが、病院へ行かなくてもインターネットなどで購入できることから人気となっています。

日本の国内でアフターピルを処方してもらうと保険適用外で1万円~2万円ほどかかってしまい若い世代にとってはかなりの痛手となります。その点アイピルはノルレボのジェネリック医薬品ですので1錠で1000円ほどと10分の1の値段で購入することができるのです。

低用量ピル

低用量ピル

低用量ピルは毎日正確に服用することで妊娠の確率は殆どないと言われているピルです。本来はもちろん避妊薬として使用していますが、避妊以外にもホルモンバランスを整えてくれる効果により、生理不順の治療や、生理痛の軽減、PMSの軽減、ニキビなどの肌荒れの改善、更年期障害の予防、女性の特有の重大な疾患予防など女性にとってメリットの多いものとなります。生理痛が重い人が低用量ピルを服用したり、肌荒れがひどい人が低用量を服用したりなど避妊目的以外で使用している方も多いです。実は元々ピルと言えば中用量ピルが一般的でしたが、副作用などの問題から避妊用としては低用量ピルが一般的となりました。中容量は今は生理不順や生理痛の軽減などの治療目的として活躍しており、実は保険が適用されるのです。その点低用量ピルは避妊用として扱われている為保険が適用されないのです。

低用量ピルは服用方法通りに使用することで妊娠を100%近い数字で予防でき、さらに女性にとってメリットが多く副作用も少ない事から第一選択として扱われています。

低用量ピル→卵胞ホルモン50μg未満30μg以上
中用量ピル→卵胞ホルモン50μg
高用量ピル→卵胞ホルモン50μg以上(稀に使用されていた)

トリキュラー

トリキュラーはバイエル製薬が製造販売している低用量ピルになります。有効成分は卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)と黄体ホルモン(レボノルゲストレル)で世界でも大変ポピュラーな低用量ピルで日本の産婦人科でも処方率が高くなっています。生理周期に合わせ毎日飲み忘れなく服用することで妊娠を100%近い数字で防ぐことができ、さらに女性特有の疾患の予防なども可能となっています。

マーベロン

マーベロンはMSD株式会社(メルク&カンパニー)が製造販売している低用量ピルです。有効成分は卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)と黄体ホルモン(デソゲストレル)でトリキュラー同様世界でも大変ポピュラーな低用量ピルで日本でも産婦人科での処方率が高くなっています。マーベロンにはマーベロン21錠とマーベロンED28錠があり、飲み忘れ防止用の偽薬(ブラセボ)によって異なります。生理周期に合わせて毎日飲み忘れなく服用することで妊娠を100%近い数字で防ぐことができ、さらに女性特有の疾患の予防なども可能となっています。

ダイアン35

ダイアン35はバイエル製薬が製造販売している低用量ピルになります。有効成分は卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)酢酸シプロテンでニキビ治療薬として販売されています。日本では未承認となってますがホルモン成分がかなりぎりぎりまで抑えられている為副作用の少ない事から人気となっています。あくまでもニキビ治療薬として販売されておりますが、避妊効果を得られることもできます。

避妊薬のお得な購入方法

日本国内で処方されているアフターピルや低用量ピルは保険適用外となっています。1錠あたり数万円もするものもあるので中々手に届きにくいのが現状です。そこで病院へ行かずお得に避妊薬を購入できる方法があるのをご存知ですか?日本の処方箋薬はもちろん医師の処方なしに購入する事はできません、しかし海外で一般的に販売されているものであれば購入することが認められているのです。個人輸入という方法なのですが、一般的な海外通販と同じように買うことができます。インターネットやスマホなどの媒体や電話などで自宅に居ながら注文することができ、そして自宅に届けてくれるのです。さらに値段も国内で処方してもらうよりも安く、さらにジェネリック医薬品を選択することで非常に安価に手に入れることができます。

避妊薬は欲しいけど病院へ行くのに抵抗がある方や、一度病院で処方してもらったけど費用面で悩んでいるという方などにとって最適の方法となっています。もちろん医薬品ですので医師に処方してもらう事が一番ベストな方法ですが、様々な事情によりピルを購入できない女性などにはとても便利な購入方法となっています。

注意しなければいけないのが必ず自分で使う事と販売目的では購入してはいけない事です。個人輸入にももちろん制約がありそれを守らないと税関などで止められてしまうので気を付けましょう。個人輸入で医薬品を買う場合すべて自己責任という事は覚えておきましょう。

ランキング

アイピル

アイピルはアフターピルで避妊に失敗してから72時間以内に飲むことで避妊効果が得られます。予想外の失敗の時などに使用するので緊急避妊薬とも言われています。

マーベロン

マーベロンは低用量ピルの中でも人気となっています。避妊効果以外にもニキビ改善や生理痛の改善、PMSの改善など女性に嬉しい効果がたくさんあります。

トリキュラー

トリキュラーは正しく服用することで100%近い確率で避妊する効果が得られます。副作用なども少なく安心して飲むことができそのほかにもメリットがいっぱいあります。

ダイアン35

ダイアン35は小柄なアジア人向けに開発された低用量ピルです。副作用が少なく、従来のピルが苦手な人にお勧めとなっています。